加圧トレーニング®とは?

160809_088

加圧トレーニング®とは発明者、佐藤義昭が45年以上もの歳月をかけて研究・実践を積み重ねて確立した世界初の画期的なトレーニング方法です。
上肢や下肢の付け根を適度に血流制限することにより、低負荷のレジスタンス運動でも高負荷のレジスタンス運動と同様の効果が、より短期間、短時間で得られます。
成長ホルモンを始めとする内分泌系ホルモンの分泌を促進すると共に、様々な医学的、生理学的効果が得られるため、医療、健康、スポーツ分野に限らず、航空宇宙医学分野においても研究が進んでいます。

6大効果

HP資料_ページ_1
加圧、除圧を繰り返すことで、より効果がでます。

成長ホルモンとは!?

kaatu
成長ホルモンは、主に脳下垂体前葉から分泌されるホルモンで主に「成長に関する作用」が期待できるホルモンです。
加齢と共に成長ホルモンの分泌量は減少してしまいます。

その影響などにより、加齢とともに身体の筋肉が落ち、肌にツヤや弾力が減り、体脂肪が増え…などの悲しい現象が起ってしまいます。
加圧トレーニングは、その成長ホルモンを短時間で効率よくつくり出せてしまうので、とても魅力的なのです!

また、成長ホルモンには代謝を促進したり、脂肪を分解する作用があるためダイエット効果が期待できます。

適切に加圧をすることにより一時的に血液を溜め込むため血流がよくなり、血管の弾力性がでて肌ツヤ、化粧の乗りもよくなります。
※適切に血流を制限して行いますので止血状態の危険な状態にはなりません。

乳酸とはきつい運動を行なった後に生じて筋肉にたまる物質です。

自律神経

活動をつかさどる交感神経と、休息をつかさどる副交感神経の二つからなっており、
この正反対の働きがバランスを取ることで私たちは心身の健康を保っています。
このバランスが乱れると、様々な体調不良となって表れてきます。

人間の身体も車にアクセルとブレーキの両方がついているように、お互いが場面場面で適切に働きを強めることで、私たちは日々をよりよい感覚で過ごしていけるのです。
sinkei

自律神経が乱れると起こる主な症状

・頭痛・肩こり・不眠・食欲不振・むくみ・手足のしびれ・月経不順・身体の痛み(腰、ひざ、背中)など

1週間に1回加圧トレーニングを行い成長ホルモンや自律神経系を刺激してあげると
いままでお悩みであった諸症状の改善が期待できます。

さらに・・・トレーニング直後のたんぱく質補給が効果的♪

protein
(販売を行っております)

筋肉が成長すればその結果基礎代謝が増し、やせやすい身体になります。筋肉そのものは
たんぱく質でできていますので、加圧トレーニングで分泌された成長ホルモンが
筋肉になりやすい時間に、体内にたんぱく質があることが必要です。たんぱく質を摂らないと筋肉は作られません。

たんぱく質に限らず、いま現在摂取しているサプリメントなども加圧後には吸収率が高まっているため効果的です。

プロテインを飲むと太る、筋肉がつきすぎて嫌だと思っている方
は多いと思います。トレーニングの内容、食事の管理により変わってきますので
プロテインが原因ではありません。

短時間で効果が期待できる加圧トレーニングですが
継続して行うことにより変化は大きくなります!
まずは体験してみて、3ヶ月続けてみましょう!!